派遣スタッフからの質問

 

牛乳アレルギーの方にも乳糖は使えるのでしょうか?

Q

粉薬を調製するとき、賦形剤として乳糖を使用していますが、牛乳アレルギーの人にも乳糖は使えるのでしょうか?

A

牛乳アレルギーの方にも乳糖は使えます。 牛乳アレルギーは食物アレルギーの一種で、牛乳などに含まれる「カゼイン、乳清タンパク(α、β-ラクトグロブリンなど)」をアレルゲンとします。 乳糖は二糖類であるラクトースであり、牛乳アレルギーの方にも使用できます。 また、乳糖は加工食品中に甘味剤として添加されており、相当広範囲に使用されていることから疫学的に見ても、問題ないものと考えられます。 一方、乳糖を摂取すると下痢を起こす乳糖不耐症の方もいらっしゃいます。 乳糖分解酵素(ラクターゼ)の活性が低下・欠損しているため、「乳糖」を消化・吸収できず消化器症状を起こします。牛乳にも乳糖は含まれていますので、乳糖不耐症の患者さまが牛乳などの乳製品を摂取すると下痢を起こします。

ファルマスタッフは職場の選び方のアドバイス、現職のお悩み相談、今後の働き方・キャリアプランのご提案などをサポートさせていただきます。