クエチアピンは糖尿病患者へ『投与禁忌』なのに、アセナピンが『慎重投与』なのはなぜ?

A

クエチアピンには国内死亡例があり、平成14年には緊急安全性情報(イエローレター)が発行されました。

アセナピンも外国の市販後調査において耐糖能異常に関連する重篤な副作用が報告されているので、糖尿病患者などには慎重に投与することが必要です。

 

掲載日: 2018/06/01
※薬剤師QUIZの医薬品情報は掲載日時点の情報となります

ファルマスタッフの教育サポートなら

ファルマスタッフの派遣薬剤師としてご就業の場合、お仕事中の薬に関する疑問・ご質問に対して、教育担当者がご回答する【ファルマスタッフDI室】をご提供しております! また、症例・薬剤の最新情報をポイント解説した【スキルアップ講座】も毎月ご提供しており、実務にすぐに活用していただけます。

※サイト内でDI室回答例やスキルアップ講座の一部を特別公開中!

新着!薬剤師求人情報を毎日更新中

高給与・好条件のお仕事をチェック!業界最大級の薬剤師求人からご希望の条件で検索できます。