テクフィデラカプセルが処方された際、バファリン配合錠A330が併用される理由は?

A

テクフィデラカプセルの副作用、「潮紅」(顔や体の赤み)を軽減させるためと考えられます。

潮紅の発現機序として、プロスタグランジンを介したHCAR2(エイチカーツー)等のGタンパク共役受容体の活性化が考えられており、アメリカではアスピリン325mgを本剤投与前30分に投与することが推奨されています。ただし、日本ではこの予防的投与は適応外となるため注意が必要です。

 

ファルマスタッフの薬剤師サポートコンテンツ

「ファルマスタッフDI室」では、医薬品の詳しい情報や、業務でよくある質問への回答をご紹介しています。

ファルマスタッフは職場の選び方のアドバイス、現職のお悩み相談、今後の働き方・キャリアプランのご提案などをサポートさせていただきます。