薬剤師向け円満退職の仕方

円満に退職するためには、あらかじめ退職までのスケジュールを立てること、そして必要な手続きを知っておくことがポイントとなります。意外と多い手続きを先に知り整理することが、円満退職への近道となります。

円満退職に向けてのスケジュール

まずはスケジュールを立てましょう。そして会社に退職意思を伝え、引き継ぎを行いましょう。

退職時期と就業時期の決定・転職活動方法の検討

まず、先に退職をしてから転職活動を始めるのか、それとも在職のまま転職活動をしていくのかを決めます。そして同時に、どうやって転職活動を行い、いつ位から働き始めたいのかを考えます。
また在職中の場合は、会社や部署の都合を考えて、同僚に迷惑をかけないように、退職までに少なくとも1カ月以上の余裕をもってスケジュールを立てるのが円満退職の秘訣です。
ただし、会社によっては申請時期を設けている場合もあるので、就業規則等を確認しましょう。

転職活動の方法としては、人材紹介会社に転職相談したり、自分自身で直接企業に応募したり、ハローワークに相談したり、いくつかの方法があります。
転職支援サービスの流れを確認

数多くの転職をサポートしてきた転職支援サービスの専門スタッフに相談することで、最新の業界動向などを把握でき、その転職アドバイスによって自分自身の整理や成功する転職にもつながります。
薬剤師の就職・転職相談会
薬剤師の転職支援サービス申し込み

退職の意思の伝え方

円満退職のために、退職の意思表示は、就業規則で決められた日数以上の余裕をもって、まずは直属の上司に相談という形で切り出すのがポイントです。
意思表示にもマナーがあるため、同僚に話す前に、まずは上司に相談しましょう。

退職願の書き方

自分の意思で会社を辞めるときは、退職願を会社に提出するのが一般的です。
会社によって指定の用紙や書式が決められている場合もありますが、ここでは退職願の書き方の文例や記入方法について基本的なポイントをまとめました。会社に提出する書類になりますので、正確な記述となるよう気をつけましょう。
薬剤師向け退職願の書き方の詳細

引継ぎ

退職日までに、後任者にきちんと引継ぎが終了するスケジュールを組んで取り組みましょう。
また、後任者が決まっていない場合には、業務内容や引き継ぎ事項について、データとしてまとめておくことが大切です。自分が退職した後に同僚が困らないよう自分の仕事について、整理しておきましょう。

退職時の手続き

在職中にしっかりと確認をしましょう。
退職後にやり取りをしなくて済むように心がけましょう。

退職時に返却するもの・受け取るもの

退職時に会社へ返却するものと、受け取るものをリストアップしました。
新しい会社へ提出する書類や手続きに必要な書類もあるので、漏れがないようチェックしましょう。
退職時に返却するもの・受け取るものの詳細

保険・年金・税金の手続き

退職後、すぐに転職先が決まっているとは限りません。転職先が決まっていない場合は、「雇用保険の失業給付金」が頼りになります。再就職するまでに必要な生活を保障してくれる保険のため、ハローワークで雇用保険の手続きを行いましょう。また、雇用保険の受給には条件があるため、ハローワークで自分の場合はどうなるのかを確認しましょう。

お仕事紹介・転職相談に申し込む