薬剤師向け履歴書の書き方


応募にあたっては、履歴書の提出を求められることが一般的です。
履歴書の内容や書き方で人物像をイメージする採用担当者も多いため、細部にまで気を配り、真剣さ・誠実さが伝わる書き方をすることが大切になります。
ここでは、基本的な履歴書の記入方法についてポイントを解説します。初歩的な書き方を誤って理解している可能性もありますので、正確な記述となるよう気をつけましょう。

薬剤師向け履歴書テンプレートダウンロード

薬剤師向け履歴書記入ポイント

履歴書サンプル

1.日付
  • 郵送:ポストに投函する日付を記載します。
  • 持参:当日の日付を記載します。
2.写真
  • スナップ写真は避け、写真館で撮影しましょう。
  • 写真撮影時には髪型を整え、スーツを着用するのが原則です。
  • 万が一はがれてしまったことを考え、写真の裏に必ず名前等を記入します。
3.現住所・連絡先・電話番号
  • 履歴書などの正式書類では、住所は都道府県名から書き、アパート・マンション名なども省略せずに正しく書きましょう。
  • 住所のフリガナは漢字のみに付けます。
  • 連絡先は、現住所と同じであれば「同上」等と記入します。緊急の連絡先(実家)などがある場合はその住所を記入します。
  • 電話番号は、確実に連絡の取れる番号を記入しましょう。自宅に固定電話がない場合は携帯電話のみでも問題ありません。
4.学歴
  • 学歴は、まとめて記入します。
  • 1行目に「学歴」と中央に記し、その次の行から実際の学歴を書きます。最後の行には右端に「以上」と書いて締めくくります。
  • 履歴書で必要とされる学歴は、中学卒業年次からというのが一般的です。学校名は省略せずに記入します。
5.職歴
  • 職歴は、まとめて記入します。
  • 1行目に「職歴」と中央に記し、その次の行から実際の職歴を書きます。最後の行には右端に「以上」と書いて締めくくります。
  • 記載する際は、会社名は省略せずに、昇進や異動の場合も記載しましょう。また、転職回数が多くても全て記載します。
  • 退職理由は、自己都合の場合は「一身上の都合により退職」とし、会社都合の場合は「会社都合により退職」するのが一般的です。
6.免許・資格
  • 薬剤師免許の取得年は必ず記入します。薬学生の方は取得予定と記入してください。
  • 認定薬剤師やケアマネージャー等、業務に関する資格がある場合も記載するとアピールになります。
7.趣味
  • 例えば読書や音楽鑑賞と書く場合も、括弧書きで好きなジャンルや一言コメントを加えるとぐっと印象が良くなります。
  • スポーツを趣味としているのなら、その頻度や試合や大会の出場経験等と具体的に書くとよいでしょう
8.志望理由
  • 面接でも聞かれる可能性がありますので、応募する熱意が伝わるように書きましょう。
  • 応募する会社のホームページ等で、自分の働き方や考え方に合っている部分を見つけると書きやすくなります。
  • 「貴社の○○に魅力を感じて」等の具体性のある言葉を入れると、より説得力が出ます。
9.本人希望
  • 勤務地、勤務時間、入社日等に何か制限すべきことがあれば記入します。
  • 勤務時間については、募集記事等に「応相談」となっているところがあるので、その場合は具体的な時間を記入するとよいでしょう。
  • 希望することがない場合は、「特にありません」と記入しましょう。

お仕事紹介・転職相談に申し込む

ファルマスタッフの転職ノウハウ お届けします

※メールアドレスをご登録いただいた方に履歴書テンプレート(Word形式)をプレゼント!

薬剤師さんの転職を数多くサポートしてきたメディカルリソースのキャリアコンサルタントが、“成功する転職”の秘訣を全5回、5日間メールでお届けします。(※ファルマスタッフメールマガジンも配信されます)

メールアドレス