【薬学部の就活】就活がうまくいかない原因とその対策方法

【薬学部の就活】就活がうまくいかない原因とその対策方法

薬学生TOPICS 2021.09.16

就職活動で内定がもらえないことが続くと、どうしても気分が落ち込んでしまったり自分を否定してしまったり。しかし、就活は実力だけではなく、タイミングやライバルの存在など様々な要因が絡み合うので正解や不正解はありません。今回は、就活がうまくいかない原因とその対策について詳しく解説していきます。

<国試対策コラム>衛生薬学の勉強法

<国試対策コラム>衛生薬学の勉強法

薬学生TOPICS 2021.09.08

CBT対策から薬剤師国家試験対策まで支援している、薬学生の学習塾「薬進会様」監修!国試対策に活かせる科目別学習方法や過去問解説をご紹介します。今回は、図やグラフなどを解析し、知識と照らし合わせる暗記&解析科目「衛生薬学編」!

<国試対策コラム>生物の勉強法

<国試対策コラム>生物の勉強法

薬学生TOPICS 2021.09.06

CBT対策から薬剤師国家試験対策まで支援している、薬学生の学習塾「薬進会様」監修!国試対策に活かせる科目別学習方法や過去問解説をご紹介します。今回は、「物理」や「化学」に比べると、とっつきやすいものの、なかなか得点化されない悪い意味で裏切られる科目No.1「生物編」!

<国試対策コラム>化学の勉強法

<国試対策コラム>化学の勉強法

薬学生TOPICS 2021.09.03

CBT対策から薬剤師国家試験対策まで支援している、薬学生の学習塾「薬進会様」監修!国試対策に活かせる科目別学習方法や過去問解説をご紹介します。今回は、学問的な勉強法ではなく国試的な点数の取り方を踏まえて学ぶ「化学編」!

【薬学部の就活】「OBOG訪問」のメリットや方法について解説

【薬学部の就活】「OBOG訪問」のメリットや方法について解説

薬学生TOPICS 2021.09.01

自分が興味を持っている業界や、志望している企業で働いている先輩を訪ね、実際に行われている業務や職場の雰囲気などの情報を得る「OBOG訪問」。実際に行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は「OBOG訪問」のメリットについて詳しく解説していきます。

<国試対策コラム>物理の勉強法

<国試対策コラム>物理の勉強法

薬学生TOPICS 2021.08.27

CBT対策から薬剤師国家試験対策まで支援している、薬学生の学習塾「薬進会様」監修!国試対策に活かせる科目別学習方法や過去問解説をご紹介します。今回は、薬剤師国家試験の中で最も攻略が難しい科目「物理編」!

【薬学部の就活】インターンシップは行かなくていい?期間や参加のメリットを徹底解説

【薬学部の就活】インターンシップは行かなくていい?期間や参加のメリットを徹底解説

薬学生TOPICS 2021.08.16

「インターンシップ」とは、学生が興味のある企業などで実際に働いてみる職業体験のこと。学生にとっては実際の職場に触れるよい機会となります。 しかし忙しい薬学部の皆さんのなかには、「インターンに参加するメリットはある?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。今回は「インターンシップ」の概要や、参加するメリットなどを詳しくご紹介します。

薬学部の夏休みはどう過ごす? 充実した夏の過ごし方

薬学部の夏休みはどう過ごす? 充実した夏の過ごし方

薬学生TOPICS 2021.07.14

試験が終わるともうすぐ夏休み。皆さん、今年の夏の予定はもう決まっていますか? それぞれの大学や学年、所属している研究室によっても多少の違いはありますが、学習量が多い薬学部の夏休みは他の学部と比べて短い傾向にあります。それでも目一杯夏休みを楽しみたい!そんなみなさんに、今回は薬学生におすすめの夏の過ごし方をご紹介します。

忙しい薬学部におすすめのアルバイトは?

忙しい薬学部におすすめのアルバイトは?

薬学生TOPICS 2021.07.07

学習量が多く、他の学部にくらべて自由に使える時間が少ない薬学部。それでも時間があるときはアルバイトをしてお金を貯めたり、バイト先を通じていろいろな人と出会ったりしたい!と感じている方も多いでしょう。今回は、そんな薬学生のみなさんにおすすめのアルバイトをご紹介!

薬学部のCBT対策とは?試験の目的や勉強法、合格率を押さえよう

薬学部のCBT対策とは?試験の目的や勉強法、合格率を押さえよう

薬学生TOPICS 2021.06.23

薬学共用試験である「CBT」。薬学生が実務実習を行うことができる薬学的知識を備えているかを確認するため、コンピューターを使用し理解度を評価する試験です。合格率は高いといわれていますが、この試験に合格しなければ5年生に進級することができなくなってしまうため油断は禁物。この記事で内容や合格基準などを確認し、しっかりと対策をたてましょう。