薬剤師資格をお持ちだけれど、調剤実務は未経験の方…
今が薬剤師になるチャンスです!

現在、薬局業界では・・・

2016年度の調剤報酬改定により新設された「かかりつけ薬剤師」の影響で、 未経験であっても向上意欲の高い人材を採用したいと望む薬局が増加しています!

でも
キャリアチェンジは不安…

  • 今までのキャリアも大事にしたい
  • 興味はあるが、自分に合う仕事かわからない
  • 業務内容ががらっと変わるので、職場環境がイメージできない

そんなお悩み・ご不安、お任せください!

当社では転職活動をされる皆さま・薬局やドラッグストアなどの求人元の担当者の方の双方に「お会いする」ことを第一とし、仕事の内容だけではなく、職場環境や募集事情、サポート体制など求人票だけでは分からない情報もご提供しています。

調剤業務は未経験という方に向けましても、皆さまお一人お一人の「これまでのキャリア」と「希望条件」を元に、専任コンサルタントから「職場の本当の情報」に基づいたアドバイス・サポートをさせていただいております。

まずは簡単なお問い合わせからでも、
お気軽にご相談ください。

かんたん無料登録 転職サポート登録

未経験からの転職事例 元製薬会社MRの例

元製薬会社MR⇒調剤薬局 在宅担当

MRからの転職に成功
これまで製薬会社のMRとして働いてきましたが、忙しく自分の時間を持てずに悩んでいたこと、また薬剤師として調剤の仕事をしたいという思いが捨てきれず転職に踏み切りました。
調剤業務は未経験のため不安ばかりのところに、コンサルタントの方がMR経験を活かすなら、と「在宅医療に取り組む薬局はどうか」と提案してくださり、現在は調剤薬局の在宅医療部門にて、自分の時間もバランスよく取りながらやりがいのある仕事をさせてもらっています。
在宅医療のやりがい
急成長が見込まれる分野で、患者さまと深く関わりながら高い専門性を磨いていけること、地域医療を担う医療チームの一員として他の医療従事者の方々と連携して仕事ができるところに魅力を感じます。
幅広いスキルが身につきますし、薬のプロフェッショナルとして患者さまやチームの方から頼りにされることには何にも変えがたい充実感があります。

キャリアの活かし方を探る!

MR経験者は実は在宅医療に向いている

この方はMRご経験者で、かつ調剤業務に非常に強い関心をお持ちでしたので、在宅医療の分野で輝ける人材なのではないかと考えご提案させていただきました。
就業後は薬局の担当者からも「期待していた通りの活躍で、うちに就業してくれてとてもありがたい」と大変高い評価をいただいています。

今後薬局業界に欠かせない在宅医療の分野においては、患者さま・ご家族・医療チームなどの関係者との対人関係の構築能力や、患者さまの状態に素早く気づく観察眼が必要になってきます。

そのため元MRで転職される方は

  1. コミュニケーション能力の高さ
  2. 人間観察能力の高さ
  3. 患者さまからの親しみやすさ

といった点が他にはない強みとなり、現在在宅医療に取り組む薬局から非常に高いニーズを持たれています。

注目の「施設在宅薬剤師」とMR経験者の関係

そうした中でも、特に今、MR経験者の薬剤師の適性が高いとされているのが、高齢者向け施設へ在宅医療サービスを提供する「施設在宅」の分野です。

高い専門性や最新の医療知識、業界知識をもとに医師を相手に営業を行っていたMR営業経験者は、「医療従事者とのコミュニケーションスキル」と「最新の医療業界情報を的確にキャッチするスキル」により、

  1. 医療従事者と密に関わる施設在宅業務
  2. 新規応需施設の開拓営業、関係構築

その双方に重宝される存在です。

施設在宅の「開拓営業」とは

  • 高齢者向け施設へ足を運び、新規の在宅案件および他社からの乗り換え案件獲得を目指す仕事です。
  • お客様(=施設)それぞれに存在する細かなニーズを引き出しながら、薬局として的確に応えられるよう働きかけ要望を実現していくことで、施設担当者との信頼関係を構築します。
  • MRとして培ってきたコミュニケーション能力、関係構築能力に加え、薬剤師としての専門的な知識も活かしながら事業の拡大を目指すことができるというやりがいがあります。

経験による適性マッチングのイメージ

施設在宅では、高齢者疾患の軽い処方せんが多いため、調剤能力以上に、医師、施設看護師、ケアマネとのリレーション能力が重要です。

通常外来と比較すると、在宅医療では情報が不足しています。どこの調剤薬局がどの程度、在宅医療に対応しているのかを在宅医療関係者は把握していません。

そこで在宅薬剤師に求められるのが、在宅業務と並行して、在宅業務をスタートさせるためのキーマンである在宅主治医担当ケアマネに対し、そうした情報を適切・明確に伝えつつ、自分の薬局への仕事を掴んでいく営業能力です。

そのため、MR営業経験者が施設在宅に対しての適性が最も高いと言われているのです。

未経験の分野へのキャリアチェンジを考える場合、「現職が活かせる仕事はあるか」「希望する分野に、現職はどう活かせる」についてしっかり考えることも大切です。 現在のキャリア・ご希望に応じてコンサルタントがアドバイスいたしますので、まずは簡単なご質問からでも、お気軽に当社へご相談ください。

在宅薬剤師の働き方はコチラ

インタビュー

未経験の薬剤師に求めるものとは? 現場で働く方へインタビューをして、今後求められる薬剤師像についてお聞きしました。

あなたにあった理想の求人を
専門のスタッフがお探しします!

かんたん無料登録 転職サポート登録