お役立ち情報
2017.10.27

転職で採用されやすい薬剤師の特徴とは?

薬剤師の転職事情

 

薬剤師の転職で採用されやすい人材には、どんな特徴があるのでしょう。転職活動でなかなか良い返事をもらえない薬剤師さんが採用をもらうためのポイントを紹介します。

 

■即戦力として活躍できるスキルです

転職市場で人材募集する際には即戦力として使える薬剤師さんを探していることも多いので、経験スキルや技能が一定の条件を満たしていると、採用につながりやすい傾向があります。

調剤薬局の管理薬剤師など募集職種と近い領域で経験を積んだキャリアがあれば、面接でアピールしましょう。未経験職種に挑戦する場合でも、転職先で活かせるスキルや経験をアピールすると、採用につながりやすくなるはずです。

たくさんのデータをわかりやすくまとめる仕事が得意、高齢者とのコミュニケーションに慣れているため地域の人と打ち解ける自信があるなど、転職先にとってメリットと感じてもらいやすい要素をあげていきます。

 

■明確な志望動機も必要です

転職面接にはいろいろな薬剤師さんが集まっていて、人気求人にはスキルが高い人材や優秀なキャリアを重ねた人材が予想以上に集中するケースもあります。採用できる枠が決まっている場合には意欲が高い人から順番にとりたいと考えるのが通常なので、明確な志望動機は重要でしょう。

志望動機を考えるにあたって「なぜ自分がその転職先に入りたいと感じたか」を順番にリストアップ、薬剤師として働く中で自分が培ってきたスキルと合わせて考えると、具体的な内容になるでしょう。

転職先をしっかりリサーチしていないと具体的な理由は書きにくいので、情報収集の精度にも関わってきます。どんな会社にも使える志望動機は採用の決め手になりにくく、入社に対する意欲が伝わらないため、自分の言葉でしっかり伝えられるようにしましょう。

 

■前向きな姿勢で臨みましょう

マイナス思考に陥ると何となく暗い印象になって、採用にはつながらないので、明るい声のトーンで自信を持って対応しましょう。同じ受け答えでもハキハキした声で真っ直ぐ前を向いて話すと、より印象がよくなります。前屈みの姿勢になると声がこもってしまうので、背筋を伸ばして着席するなどの工夫も必要でしょう。

仕事に関する心構えも重要で、慣れない作業であっても「挑戦しよう」という意欲を持って、毛嫌いしないで対処できる薬剤師さんは評価されます。常に自分を高めて新しい物事にも臆することなく挑戦できると、薬剤師としての将来につながるはずです。

自分が採用する立場になったとき、どんな薬剤師さんが欲しいのか考えると、自ずと答えは出てきます。いつも下を向いてボソボソ話す人より、何でも謙虚に学びチャレンジする人と一緒に働きたいと思うのは当然でしょう。

一緒に働きたいと思ってもらえる魅力的な人材を目指して、面接の受け答えや対応を考えてみましょう。

 

■チームで動く協調性も重要です

人間関係がネックになって早期離職を検討する薬剤師さんは意外と多く、せっかくコストをかけて採用した人事部にとっては、自分の評価に関わります。チームで動く協調性の大切さを理解して周りをたてる気持ちを感じる薬剤師さんは、安心して採用できます。

現場に入ってもチームの仲間と協力して仕事を進めて、組織を良い方向に持っていく役割が期待されるためです。

面接時の立ち居振る舞い、面接会場に入ったときの対応など、ちょっとしたところで、人となりが出てきます。基本的なビジネスマナーを守るのはもちろんのこと、話の聞き方や相槌の打ち方にも気をつけましょう。

前職について質問されたときに組織としてトラブル対応、成功できたエピソードを盛り込むなど上手に協調性をアピールできると、採用につながります。自分一人の功績ではなくチームとしてあげた実績チームの中でどんな役割を果たしていたかなどを、具体的に話してみましょう。

 

■(まとめ)転職で採用されやすい薬剤師の特徴とは?

1.即戦力として活躍できるスキルです

転職先が求めているスキルと近い経験を重ねたキャリア人材は、採用されやすい傾向があります。転職活動でアピールできるキャリアを考えて、履歴書や面接などでアピールするといいでしょう。

 

2.明確な志望動機も必要です

同じレベルの薬剤師さんと接戦になった場合、明確な志望理由がポイントです。どうやって転職先を選んだのか、何を思って転職を検討しているのか、志望先に合わせた転職理由をしっかり伝えましょう。

 

3.前向きな姿勢で臨みましょう

心配性の薬剤師さんはどうしても発言がマイナス思考になりやすいので、前向きな発言を意識します。面接相手に「この人と働きたい」と思わせると採用されやすいため、明るくハキハキとした受け答えは重要です。

 

4.チームで動く協調性も重要です

薬剤師さんは組織で動く仕事なので、一緒に働く仲間と連携できる協調性も重要でしょう。面接の受け答えなどちょっとしたところで人間性がチェックされるので、自分勝手な印象になりやすい言動は控えます。

記事掲載日: 2017/10/27

あわせて読まれている記事