病院薬剤師の働き方

病院薬剤師は、「調剤」や「服薬指導」だけでなく、「注射剤の混注」、「薬物治療モニタリング」、「DI」、「薬品管理」など、多岐にわたります。そのため、その幅広い業務を通じて専門性を高めることができます。安全で効果的な薬物療法を行うために、医師・看護師などの医療チームのスタッフの一員として医療現場で働くことが特徴です。

主な業務内容と病院の種類と特徴

病院薬剤師の業務は、大きく6つあります。
①調剤(外来調剤/入院調剤)、②服薬指導、③注射剤の混注、④TDM(薬物治療モニタリング)、⑤DI、⑥薬品管理です。また、勤務先となる病院の規模や状況によって薬剤師の業務内容も異なってくるため、経験できることややりがいも変わってきます。

病院は、入院施設となるベッド数(病床数)や運営方法によって呼び方が異なります。また、診療科や患者さんの症状の違いによって、大きく3つのタイプ(急性期型、療養型、精神科)に分けられます。こちらでは、病院の種類や特徴をご紹介します。

病院薬剤師として働く実情

病院薬剤師の働きがいやメリット・デメリットは、病院の規模やタイプ、業務内容によって異なります。そして、それにともない年収相場も変わってきます。また、医師や看護師など他部署との連携が大切な病院勤務ではコミュニケーション能力が重要になります。こちらでは、事例もあわせてご紹介します。

お仕事紹介・転職相談に申し込む