ファルマスタッフDI室

ファルマスタッフ(運営:メディカルリソース)では、派遣薬剤師スタッフ向けに教育サポートをご提供しております。このページでは、当社の派遣スタッフ向け教育サポートコンテンツの一部を特別公開いたします。

服薬指導に活かす医薬品情報

当社の派遣スタッフの給与明細に毎月同封している「スキルアップ講座」内「医薬品情報コーナー」から、毎月一種類の医薬品をピックアップしてご紹介いたします。

DI室/スタッフからの質問

当社で派遣スタッフとして働いている薬剤師の皆さまが日頃気になるお悩み・疑問や、お薬に関するご質問に担当者がお答えするファルマスタッフDI室。ここでは、寄せられたご質問の一部をご紹介。薬剤師としてのスキルアップに是非お役立てください。

ワソランの頓服使用について

内科から出た処方で、「ワソラン(40) 2T 発作時3回分」というものがありました。時々不整脈が起こる患者さんに出されていました。ワソランが頓用で使われているのを初めて見たのですが、よくある処方なのでしょうか?

解説を見る

芍薬甘草湯の即効性について

整形外科にて「芍薬甘草湯 1包 けいれん時 3回分」という処方が出ました。テニスをしている患者さんで、よく試合中に足がけいれんするのだそうですが、これは一般的な処方でしょうか。即効性は期待できないのではないでしょうか?

解説を見る

皮膚科で処方されたアレグラとガスターについて

皮膚疾患の患者さんに「アレグラ」と「ガスター」が処方されました。ガスターは普通に胃薬として処方されますが、皮膚疾患の場合はどのような効果を期待して出される処方でしょうか?

解説を見る

牛乳アレルギーの方にも乳糖は使えるのでしょうか?

粉薬を調製するとき、賦形剤として乳糖を使用していますが、牛乳アレルギーの人にも乳糖は使えるのでしょうか?

解説を見る

ボグリボースの適応外使用について

胃切除後の患者さんについてです。以前に糖尿の薬が出ていたのが、今回は「ボグリボース」にかわりました。変更理由を伺ったところ、胃切除したためとのお答えでした。そういった使い方もあるのでしょうか?

解説を見る

アクトスとメルビンの適用外使用について

糖尿病の患者さんではないのですが、不妊治療の際に「アクトス」や「メルビン」が使用されていました。適応外使用になると思いますが、どういった効果を期待して使われているのでしょうか。

解説を見る

点眼薬の順番について

緑内障などで点眼が併用されるケースで通常液→懸濁液→ゲルの順にさすと効果的と言われていますが、5分以上あければあまり効果に影響はないため、順番は重要ではないと聞きました。実際はどうなのでしょうか?

解説を見る

タリビッド点耳とリンデロン液の順番や間隔について

「タリビッド点耳」と「リンデロン液」を1日2回点耳という処方箋を扱いました。この場合、点耳する順番や間隔はどうしたらいいのでしょうか。点耳は両耳に対してです。

解説を見る

ノイロトロピンとNSAIDsが併用処方された効果について

腰痛の患者さんにノイロトロピンとNSAIDsが併用で処方されています。 添付文書で併用は問題なさそうですが、効果は増強されるのでしょうか?

解説を見る

リピトール5mgとローコール30mgの強さについて

リピトール5mgからローコール30mgに変更になった処方です。 患者さんによると、医師から「軽い薬に変更しましょう」と言われたようですが ローコール30mgはリピトール5mgよりも軽い薬なのでしょうか?

解説を見る

溶解後のカタリン点眼液の保存方法について

溶解後のカタリン点眼液は、遮光冷所保存ですが、旅行や長期間外出するときはどのようにしたら良いのでしょうか?

解説を見る

レスキュラ点眼液の使用中の保存について

レスキュラ点眼液は冷所保存ですが、旅行などで長期間外出する場合、冷所保存ができなくなります。 同じように冷所保存のキサラタン点眼液は、2〜3日の旅行なら保存条件を逸脱しても問題ない、と聞いたことがありますが、レスキュラ点眼液の場合はどうでしょうか?

解説を見る

タケプロンOD、ガスターDについて

タケプロンOD錠やガスターDのような口腔内崩壊錠がありますが、「OD」と「D」の違いはありますか?

解説を見る

サイレース錠や他の睡眠薬の海外への持ち込み制限について

サイレース錠や他の睡眠薬の海外への持ち込み制限についての質問です。 現在、サイレース錠の海外への持込はどうなのか、海外への持ち込みに制限のある睡眠薬は、ありますか?

解説を見る

お仕事紹介・転職相談に申し込む