キャリア&スキルアップ
2021.07.28

『抗菌化学療法認定薬剤師』とは?取得方法や求められる役割について【薬剤師の資格入門】

『抗菌化学療法認定薬剤師』とは?取得方法や求められる役割について【薬剤師の資格入門】

公益社団法人日本化学療法学会によって認定される資格『抗菌化学療法認定薬剤師』。抗菌化学療法についてより深く専門的な知識を持ち、感染症の指定医療機関で働く際など薬剤師のキャリアにとっても有益な資格です。

ここでは『抗菌化学療法認定薬剤師』の取得方法や求められる役割などについて詳しくみていきましょう。

最新の医療動向や対処方法などを学べる環境で働いてみませんか? 教育制度充実の求人特集

抗菌化学療法認定薬剤師とは?

抗菌化学療法認定薬剤師とは?

抗菌化学療法認定薬剤師制度は、2008年に公益社団法人日本化学療法学会によって発足されました。これまで薬剤師は、薬物血中濃度モニタリングのデータをもとに、抗菌薬の投与について医師に助言する役割を担ってきました。

本制度の認定を受けた薬剤師は、医師への支援活動にとどまらず、抗菌薬の選定から使用までを医師とともに行う立場として活躍が期待されています。抗菌化学療法に関する専門的な知識、そして適正な使用経験を持ち、実践のみならず指導・教育にも携われる存在です

資格取得のメリットや求められる役割

資格取得のメリットや求められる役割

抗菌化学療法認定薬剤師の資格を取得することで、抗菌化学療法に関するスペシャリストであると認められます。抗菌薬の投与設計については、ただ医師に助言するだけでなく、専門的知見から提案・実践する立場です。感染制御チーム(ICT)においても活躍が求められ、院内における感染予防や職員への教育指導、抗菌薬の適正使用に関する指導なども担えるようになります。感染症などの分野でキャリア形成を目指す薬剤師にとって、取得メリットの大きな資格と言えるでしょう。

とくに新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、感染症対策については国内外を問わず関心が高まっています。そのなかで抗菌化学療法認定薬剤師は社会的ニーズが高く、給与待遇なども含めた薬剤師のキャリアアップに繋がる可能性は高いでしょう。

抗菌化学療法認定薬剤師になるには?

抗菌化学療法認定薬剤師になるには?

抗菌化学療法認定薬剤師の資格取得を目指すうえで知っておくべき情報を、認定団体である公益社団法人日本化学療法学会の情報をもとにまとめました。

抗菌化学療法認定薬剤師の申請基準

抗菌化学療法認定薬剤師の申請には、下記の項目を満たす必要があります。

  • 日本国内の薬剤師免許をもち、薬剤師として優れた人格と抗菌化学療法の見識を備えていること。
  • 申請時点で、薬剤師として抗菌化学療法に5年以上かかわっていること。また、それを示すための証明を所属する施設長または感染対策委員長から得られること。
  • 申請時点で公益社団法人日本化学療法学会の正会員であること。
  • 医療機関において薬剤管理指導や治療薬物モニタリング、医薬品情報提供などの業務を通じて、処方設計支援を含む感染症患者さまの治療に参加した症例を15例以上報告できること。
  • 公益社団法人日本化学療法学会が主催する抗菌薬適正使用に関連したプログラムや学術集会、同学会が指定する関連学会の学術集会などで、60単位を取得していること。
  • 抗菌化学療法認定薬剤師の申請方法

    新しく抗菌化学療法認定薬剤師の認定を受けるには、以下の書類を公益社団法人日本化学療法学会の事務局へ申請します。

  • 抗菌化学療法認定薬剤師認定申請書
  • 薬剤師免許の写し(裏書のある場合は裏書も含む)
  • 規定の60単位取得証明書
  • 15例分以上の症例一覧
  • 施設長または日本化学療法学会評議員からの推薦状
  • 抗菌化学療法に関わっていることの施設証明書
  • 申請料(1万円)振込み控えの写し
  • 新規申請は毎年4月1日~9月30日必着で受け付けています。期日を過ぎないよう余裕をもって申請しましょう。申請締め切り後、学会により症例一覧の書類審査が行われ、12月中旬ごろに受験資格の有無が通達されます。

    申請書に必要な「15症例報告」に関する注意点

    15症例報告の記入は、公益社団法人日本化学療法学会のホームページからワード書式をダウンロードし、タイプ入力で記載します。そのほか、以下事項についても注意してください。

  • 同一症例を複数の申請者が使用してはいけません。
  • 基礎疾患、病態、体重・年齢など患者さまの背景、投与方法、用法用量や腎機能の詳細、どのように関与したかを具体的に400字程度にまとめ、抗菌化学療法に関わる薬剤師としての介入内容が盛り込まれた症例を提出します。介入した内容の箇所には必ずアンダーラインを引きわかりやすくしましょう。
  • 内容が薄い、測定結果のみで介入状況が不明、、用法用量や治療期間の記載がない、診断・薬剤選択の根拠や変更後の経過がわかりにくいなどの場合は、書類審査で不合格になる可能性があります。
  • 単位取得証明書とは別に、対象となる患者さまから学んだ考察を400字程度にまとめて提出します。なお、記載は感想文ではなく、文献やガイドラインを引用しながら介入した内容の根拠を示すようにしてください。
  • 治療薬物モニタリングによる投与設計に関与したことをあらわす症例は3例までとし、そのほかの12例は処方変更など感染症治療へ介入した症例が必要です。ただし記載内容に治療薬物モニタリングが含まれていても、主体が治療薬物モニタリングでない症例は問題ありません。
  • 院内の委員会報告や治験、調剤時の疑義解釈などは症例に含まれません。
  • 菌名は論文作成時と同様に学名で記載しましょう。ただし、要約・考察欄について初回はフルスペルで2回目以降は略記でも認められます。イタリック体表記・非イタリック体表記にも注意が必要です。
  • 感染症治療薬の名称は公益社団法人日本化学療法学会の指定する略号を使用します。商品名は認められません。また、検査値の単位も記入が必要です。
  • 提出は15例です。
  • 資格の更新申請について

    抗菌化学療法認定薬剤師の資格は、認定を受けた後も5年ごとの更新が必要です。更新申請は毎年4月1日~12月20日(必着)で受け付けており、この期間内に以下書類を学会事務局に提出します。

  • 抗菌化学療法認定薬剤師認定申請書
  • 規定の単位取得証明書
  • 更新申請料(1万円)振込み控えの写し
  • 申請締め切り後、学会で更新のための審査が行われ2月下旬ごろに認定結果が通知されます。

    ▼参考記事はコチラ
    公益社団法人日本化学療法学会
    抗菌化学療法認定薬剤師制度 制度概要・申請方法
    「症例一覧(15症例)サンプル」

    患者さまや自分自身のために専門性を高めよう

    抗菌化学療法認定薬剤師について、担う役割やメリット、取得方法などを解説しました。抗菌化学療法認定薬剤師は抗菌化学療法について専門的な知識を持ち、感染制御チーム(ICT)においてはスペシャリストとしての役割が期待される存在です。感染症等の分野でキャリア形成を目指す薬剤師にとって、取得のメリットは大きいでしょう。抗菌薬の投与設計について提案・実践するほか、院内の感染予防や職員への教育指導、抗菌薬の適正使用に関する指導など業務の幅が広がります。

    なお、認定を受けるには薬剤師として抗菌化学療法に5年以上かかわっていることや、感染症患者の治療について15例以上の症例を報告できることなど条件があります。申請期間も定められているので、提出書類の不足や申請の遅れなどがないようしっかり確認・準備してください。

    Webでのご相談も可。お気軽にお問い合わせください。 個別お仕事相談会

    ファルマラボ編集部

    「業界ニュース」「薬剤師QUIZ」 「全国の薬局紹介」 「転職成功のノウハウ」「薬剤師あるあるマンガ」「管理栄養士監修レシピ」など多様な情報を発信することで、薬剤師・薬学生を応援しております。ぜひ、定期的にチェックして、情報収集にお役立てください。

    記事掲載日: 2021/07/28

    あわせて読まれている記事