薬局探訪
2021.09.14

株式会社スマイルファーマ<薬剤師インタビュー>

株式会社スマイルファーマ<薬剤師インタビュー>

代表取締役社長 野村 大樹 様/統括事業部 部長 水野 光一 様

株式会社スマイルファーマ様は、「のぞみ薬局グループ」の一員として、患者さまへの貢献を第一に考え、新たな発想と挑戦する心を大切にしつつ、調剤薬局の新たな形態を追及されています。2012年4月に設立し、大阪府都島区に本社を持ち、M&Aで企業拡大を続けてきた同社。9年目を迎える中で、さらなる拡大に向けた土台づくりに励まれているそうです。そんなスマイルファーマ様より、社長・野村様と部長・水野様にお話を伺いました。

最初に、会社や店舗の紹介をお願いします。

野村さん:2012年4月に設立し、今年で9年目を迎える企業となります。M&Aにより拡大を続けてきておりまして、現在は土台づくりに注力しております。今後は、3年・5年・10年というスパンで拡大し、最終的には50店舗にまで展開できればと思っています。

そうした拡大に向けて注力しているのは、「従業員教育」です。教育というと「医療人として」がメインになりがちですが、弊社ではまずは「社会人として」の教育を行うことを大切としております。たとえば、コミュニケーション研修、リスクヘッジ研修、マナー研修、接遇の研修など。こうした研修を通して、社会人として強い会社を目指しています。こうした取り組みを、選ばれる薬剤師に繋げて、その先の選ばれる薬局にまで繋げていきたいと言う想いがありますね。

こうした背景にあるのは、患者さまの立場に立った時に感じた経験です。病院で診察を受けて薬局に来るまでに、何時間とかかる場合がありますよね。その上、薬局でも薬が出てくるまでに数十分待つことも少なくありません。さらに、しばらく待ったあとに薬剤師からお薬を渡される際、患者さまへの気配りや心配りが疎かであることから、お薬の確認を優先しているように感じてしまう。こうした経験から医療人である前に、社会人として正しく応えられているかを考えるようになりました。

『対物から対人へ』。薬剤師の行動を変えるには、患者さまに合わせたニーズを把握する力、それをしっかりと表現するコミュニケーション力が足りていないと思ったんです。こうした力は、調べたり聞いたりしてカバーできる医療知識に比べて、しっかりと学ばないと身に付かないと考えて辿り着いたのが現体制となります。

そうした特徴ある貴社で得られるやりがいを教えてください。

野村さん:薬剤師は受け身の仕事が多く、自発的に何かを起こすことが少ないですよね。しかし、取り組み方ひとつで、やりがいを見出せると思います。たとえば、患者さまとコミュニケーションを取ることで、在宅業務に移行してより深く関われるようになるなど。こうしたチャレンジができる環境を社員に与えていきたいですね。私は、現在29歳。社長として働く中で、日々挑戦をしているからこそ、そう思っています。

1回の人生。ぜひ、面白いことに挑戦していただきたい。たとえば、新卒入社の薬剤師より、「営業がしたい」と相談を受けたことがあります。その姿勢は大歓迎!しかし、新しいチャレンジには土台が必要ですよね。土台とは、経験なのか知識なのか人それぞれ。そうした土台づくりから、会社として応援が出来るように体制を整えていきたいと考えています。

まだまだ駆け出しの企業であるからこそ、「○○がしたい」と自発的に発信いただけたら、会社としてそれを応援していきたいと考えています。社員と会社が一緒になって成長できる。そうしたスタートアップだからこそのやりがいが、弊社にはあると思います。

水野さん:私は、現在入社1年程でして、最初は一般薬剤師としてスタートいたしました。入社から半年で結果を出したことで、「副部長」を任せていただきました。さらに半年後、行動を評価いただき、「部長」へと昇進させていただきいまに至ります。

現在は、部長として会社の土台づくりに励んでおります。M&Aを中心に拡大してきた弊社の課題は、経営層と現場の意思疎通が十分でなく、店舗間同士の繋がりも強いとは言えないものでした。会社をより安定させ拡大していくためにも、スムーズな意思疎通が図れるように日々取り組んでいます。会社の方針、現場の要望、これらを調整しまとめていくことは、難しいことではありますが非常にやりがいを感じます。

では、水野様が転職の際に、スマイルファーマを選んだ理由を教えてください。

水野さん:前職では、管理薬剤師、新規店舗の立ち上げ、新卒採用部署の立ち上げ、さらには採用業務のグループマネージャーも経験させてもらいました。当時の採用業務の最終目標は、「採用面から入りたくても入れない会社」にすること。その中間目標として、「自ら入りたいと志願する学生が出てくる」「会社が求める人財5名の内定」を掲げていました。採用チームで日々試行錯誤を繰り返し、取り組んでいく中で、着実に志望者数が増えていき、成果が出るようになってきたんです。中間目標をクリアし、信頼して任せられる若手メンバーも出てきたこともあり、さらに高みを目指して挑戦すべく転職を決めました。

困難なことであっても挑戦し続けていたい。また、組織を客観的に見るような仕事がしたいと考えていました。そうした中で、野村と話をさせていただいたときに、バイタリティ溢れる姿勢に非常に共感を持ったんです。また、若い会社であったため、チャレンジできる環境があると思いました。

自然と「面白そうだなぁ、この会社で挑戦したい」とワクワクした気持ちになっていた記憶があります。それがスマイルファーマに入社を決めさせていただいた一番の理由です。

野村さん:水野のように、「面白そう」と共感してくれるのが一番ですね。弊社が従業員に求めるのは、コミュニケーション力と自発的な行動力。薬剤師として働く中で、目標を定め、目標達成に向かって取り組んでいる人。それをしっかりと周りと共有してくれる人と、一緒に働くことができればと思っています。

学生時代や前職時代に取り組んだことで、仕事に役立ったと思えることはありますか?

水野さん:学生時代ではチームスポーツの経験ですかね。先輩後輩など上下関係がある中で、チームとなって同じ目標に取り組んだ経験は役立っていると感じます。また、塾講師のアルバイトもしておりました。生徒が何に悩んでいるのか把握して、しっかりとニーズに応えて、結果に結び付けていく経験は、いまの仕事に通じるものがあると思います。

野村さん:私も、チームスポーツの経験があります。プレイヤー、マネージャー、コーチなどの役割を持つ人が、一つのことに取り組む経験はいまに通じていますね。また、大学ではサークルの代表を務めておりました。当時、学祭出展を取り纏めた際は、適切な役割分担や人数配置、さらには利益をメンバーにどのように還元するか考えた経験があります。

振り返ると、管理薬剤師を割り振る、いまの仕事にも似ているなと。当時と同じく、店舗で働く社員に対して、どのように還元するかを考えています。頑張りが評価される仕組みを整えていることもその1つです。

具体的には、社員への還元として、福利厚生を充実させていきます。社員同士のチームワークを高めるためでもあるのですが、誕生日にはケーキをプレゼントしたり。また、社員の家族まで大切にできるよう、お中元やお歳暮にカタログギフトをお渡ししたり。手の届く範囲はきめ細やかにケアしていきたいと考えていますね。

教育制度や研修制度、見込めるキャリアパスなどについて教えてください。

野村さん:前述した、"社会人としての教育"が教育制度・研修制度にあたると考えます。働き方のキャリアパスとしては、数店舗勤務ラウンダー、店舗管理者がございます。一方、働き方以外のキャリアパスですが、こちらに関しては、会社から打診することは控えています。何故なら、従業員には自発的に提案し行動して欲しいと考えているからです。現場から上がってくる「○○がしたい」といった意見は、"嬉しい誤算"であるものが多く、出来る限り会社がバックアップしていくことで、個人としての成長があると考えています。

お二人が考えるスマイルファーマのおすすめポイントを教えてください。

野村さん:チャレンジできる環境があり、「○○したい」など発信できる風通しの良さだと考えています。採用面接では、応募者に対して名刺を渡すようにしており、入社後に感じたことがあれば直接連絡を取れるようにしています。また、他社と比べると、社員と私の年齢は近しいため、親近感を抱いていただけるのではないでしょうか。私自身がカバーできない部分は水野に任せていますので、そこからも話が伝わるようにしています。

水野さん:実際に、店舗を回る度に、色んな意見を聞くことができています。前向きに取り組んでいること、いま困っていること、会社に改善して欲しいこと、自身がチャレンジしたいことなど様々ですね。先日も、店舗の従業員から実務実習生の受け入れに挑戦したいと提案を受けました。こういった声が聞けることは素直に嬉しいですし、これからも発言しやすい環境を整備していきたいです。

最後に、若手薬剤師に対してメッセージをお願いします。

水野さん:設立9年目と若い会社だからこそ、スマイルファーマにはたくさんのチャンスがあると考えています。前述したように、経営層との距離が近く、風通しもいい職場です。だからこそ、挑戦したいことを発信いただければ、一緒に検討します。会社方針に沿い、良いと判断したものは、全力でバックアップしますので、「やりたいことがある」「自分を変えてみたい」といった人に向いていると思います。

会社の一員として、歯車になるだけでは面白くありません。自身の仕事を全うした先に、やりたいことに挑戦できるチャンスがあるのは、「面白い」と感じていただけるのではないでしょうか。ぜひ、会社と一緒に、成長していきましょう。

代表取締役 野村様のコメント

就職や転職は人生の転機。だからこそ、大いに悩んで欲しいと思っています。出来る限り情報を集めて検討する。いまはオンライン面接も増えており、それほど時間をかけずとも担当者から話を聞くことができますよね。志望度が高くなくても、まずは場を設けて話を聞くことは、将来に生きると思います。

たとえば、福利厚生充実のA社、給与に魅力あるB社で悩んだ時。B社に入社したとしても、自身が会社を変えられる立場になったとき、A社の福利厚生を真似て導入することも考えられますよね。何がいいかを知るために、就職や転職といった他社を知ることができるタイミングを活用して欲しいと思います。

「会社を変えられる」チャンスが、他社よりも十分にあるのが、私たちスマイルファーマの魅力です。自身のやりたいことに挑戦する、その先で会社をより良くすることも出来る、チャレンジし甲斐のある環境ではないでしょうか。就職や転職のとき、ぜひ弊社を知っていただき、選択肢の一つとして悩んで欲しいと思います。

法人情報

名称
株式会社スマイルファーマ
店舗数
15店舗 ※2020年1月時点
法人概要
「のぞみ薬局グループ」の一員として、患者さまへの貢献を第一に考え、新たな発想と挑戦する心を大切にしつつ、調剤薬局の新たな形態を追及されています。2012年4月に設立し、大阪府都島区に本社を持ち、M&Aで企業拡大を続けてきた同社。単なる薬剤師ではなく、成長し続ける変化し続けられる人材を目指せる環境があります。
設立
2012年4月9日
従業員数
従業員数90名/dd>
本社所在地
〒534-0016 大阪市都島区友渕町1-4-2-2602

求人情報

勤務時間
週平均所定労働時間40時間(1カ月単位の変形労働時間制採用) 月火水金 9:00-19:00/木土 9:00-13:00
休日
完全週休2日制
休暇
夏季休暇(2日)、年末年始休暇(4日)、有給休暇(初年度10日)、産前産後休暇、育児・介護休業制度、短時間勤務制度
年間休日
123日
給与
年収450万~600万円/月給25万円~35万円
昇給賞与
昇給:有(年1回)
福利厚生
各種社会保険完備/労災保険/薬剤師賠償保険/社内懇親会(※会社負担)、地区懇親会(※会社負担)、研修補助金支給制度、お誕生日会、社内イベント開催
この企業の求人について問い合わせる

ファルマラボ編集部

「業界ニュース」「薬剤師QUIZ」 「全国の薬局紹介」 「転職成功のノウハウ」「薬剤師あるあるマンガ」「管理栄養士監修レシピ」など多様な情報を発信することで、薬剤師・薬学生を応援しております。ぜひ、定期的にチェックして、情報収集にお役立てください。

記事掲載日: 2021/09/14

あわせて読まれている記事